FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そしてソレは世界を回る

ポストに届いた「落し物」らしき物体に眉根を寄せる。
白地にグリーン、そして派手な赤の柄。

どう見てもこれはいちごパ○ツ。
「落し物」には可愛らしい文字でメッセージカードがついている。

永遠の27歳、プリティエンジェル、のくだりでぴーんとひらめく。
が、何食わぬ顔でメッセージカードのみしまいこむ。

向う先はプレリハイムのDキャッスル…もとい、ディレイド城。

「こんばんわ、アル君。
実は落とし物らしいんだけどさー」

風に飛ばされると恥ずかしい落し物No.1だよねぇ。
義理息子に笑顔で手渡す。
勿論、中身が見えないように茶封筒に入れて厳重に封をしている。

「開けていいですか?」
「うん、持ち主探してあげないとねぇ。というわけでよろしく」
「∑おとーさん!?」

お茶とケーキはちゃっかり完食。ごちそうさまです。
包みを開けられる前にするりとDキャッスルから外に出る。

「∑ちょぉおおおおお!??」

そんな息子の叫び声なんて聞こえません。
良く見ると落し物に名前書いてる気がするんですが(←開発者
持ち主の手に戻る前に、この落し物にはせいぜい宣伝してもらうとしよう(本音)
早く持ち主が見つかるといいねぇ(建前)

++

譲渡の関係で夜お届けに参ります(キラリ
そして隣の店主殿なら喜んで貰ってくれる気がしましt

● COMMENT FORM ●

NoTitle

ウチに配達されて来たのは別件ですかね?
静玖さんから届きましたがね。

とりあえず他所へ回しましたが…
えぇ、ツァイさんに『指示』された通りにね。

何の事かだって?
またまた惚けちゃって♪

『言われた通りに配達しましたから!』



…ふぅ、これで保険もかけた感じだな(ぼそ

(標準は隣の芋城へ)

「わー、大家さんこれ花火ですか?」
「そうそう、ロケット花火ー」
「人が入れそうなくらいに大きいですねぇ」

標準の先には隣のお城が見えるけど。
危なくないのかな?いやでも花火だし。

「夏の風物詩だしねぇ。綺麗に打ちあがりますように☆」

そうドッカーンとね。
あぁ静玖さん、そして奥さんともう一人。
こっちが観覧席ですよー。
さぁさぁ着火いたします。


管理者にだけ表示を許可する

森の精霊のお手伝い «  | BLOG TOP |  » 魔力の葉

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

ツァイ・イー

Author:ツァイ・イー
砂精霊の商人で琥珀月の主。
性格は気まぐれで楽しいことは大好き。
退屈を嫌うが以外と保守的。
宝石や鉱石を主とした品を扱うが、専門外でも面白ければ店に並べているらしい。
北の島国カーシャに居を構える。

御厄介になりますよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。